トランスコスモス(株)【9715】

関連情報株価チャート時系列ニュースアナリストレポート株予報(外部サイト)株主優待みんなの株式(外部サイト)掲示板

プレスリリース

発表年月日:2018年9月11日

トランスコスモス、日本国内で初めて「Adobe Advertising Cloud DSP」に「Adobe Analytics」を連携した広告配信を実施 ITP対策としても有効な広告配信の最適化機能を強化 ( PDF

トランスコスモス株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長兼COO:奥田昌孝)は、アドビ システムズ 株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:ジェームズ マクリディ、以下、アドビ)が提供するデジタル広告の統合管理プラットフォーム「Adobe Advertising Cloud DSP(以下、Advertising Cloud DSP)」に、分析ソリューション「Adobe Analytics」のデータを連携させ、広告配信の最適化機能を強化しました。Advertising Cloud DSPの最適化指標であるインプレッション・クリック・コンバージョンに加えて、広告からサイトへ流入したユーザーの滞在時間や直帰率といったサイト内行動データをAdvertising Cloud DSPに反映させることで、効果測定指標がより幅広くなり、サイト内ユーザー行動に応じた柔軟な広告配信が可能になりました。また、これらのサイト内行動データをKPIとした広告配信設計は、ブラウザ上の行動データの追跡を制御する「ITP機能」対策の一つとしても有効な施策となります。

昨今、多くの企業がユーザーニーズ発掘のために広告配信ツールとあわせてアクセス解析ツールを導入していますが、それぞれが個々のツールとして独立していることが多く、アクセス解析で得たサイト内行動データを広告配信にシームレスに活用し、最適化を実現することが難しいという課題を抱えています。

そこでトランスコスモスは、Advertising Cloud DSPにAdobe Analyticsを連携させる最新機能を活用することで、サイト内行動データがAdvertising Cloud DSPの広告計測タグとして利用可能になり、通常の媒体CV(コンバージョン)タグでは取得できないようなサイト内行動データが広告配信に自動で反映するようにしました。これにより、サイト内のユーザー行動に応じて、より柔軟で高速な広告最適化を行うことが可能になりました。さらに、「ITP機能」実装への対策の一つとして、読了率や滞在時間をはじめとしたサイト内行動データをKPIとする「リターゲティングに頼らない広告配信設計」を行うことが可能です。

トランスコスモスは、日本国内で初となるこの連携をANAグループが複数のカード発行会社と連携して発行している「ANAカード」のプロモーション施策にて実施しています。ユーザーのサイト遷移後の行動にあわせて適切な広告配信を行い、ANAマイレージクラブ会員の獲得およびANAグループの収益拡大を支援しています。

■Adobe Advertising Cloud DSP×Adobe Analytics連携で活用可能となる主な機能

●コンバージョン計測
・Adobe Analyticsの指標を用いたCV計測、最適化
・新しいタグの実装なしに複雑なCV計測、最適化

●セグメントシェア
Adobe Analyticsのイベントや条件によるセグメント切り出し
※実施にあたり、Adobe Analyticsの実装要件確認が必要です

●アトリビューションレポート
・CVの重みづけレポート
・CVパスの分析レポート

●ROAS(Return on Advertising Spend)入札
購入金額最大化の入札最適化

●Weighted Object入札
中間コンバージョンを含んだCVポイント最大化

トランスコスモスでは「Adobe Advertising Academy」において、Adobe Advertising Cloudの専門知識だけでなく、キャンペーンの設定や運用スキルまでを有したスペシャリストとして認定された人にのみ付与される「Specialist Certification」を、8名の社員が取得しています。今後もトランスコスモスはアドビ製品を中心に、お客様企業が保有する膨大な顧客データを活用し、次世代のオンラインマーケティング活動とそれにともなう売上拡大を支援していきます。

■「Adobe Advertising Cloud DSP」とは
Adobe Advertising Cloud DSP(デマンドサイドプラットフォーム)は、TVやモバイルからディスプレイやソーシャルに至る様々な広告キャンペーンを単独で計画、実行、最適化、測定できるプラットフォームです。広告の最適な組み合わせを予算にもとづいて予測し、自動的に管理/出稿する広告最適化ソリューションです。現在ベータ版としてAIによる最適化機能を搭載しています。また、Advertising Cloud DSPは広告コンテンツが配信されるサイトの信頼度を事前に人の目で調査し、サイトを選別していることで、ブランド毀損リスクやアドフラウドを削減しています。

■「Adobe Analytics」とは
アドビが提供する分析ソリューションで、あらゆるマーケティングチャネルをまたいで、顧客のデータをリアルタイムに収集/分析し、アクションにつなげることが可能です。

※トランスコスモスは、トランスコスモス株式会社の日本及びその他の国における登録商標または商標です
※アドビ、アドビロゴ、Adobe AnalyticsはAdobe Systems Incorporatedの米国およびその他の国における登録商標または商標です
※その他、記載されている会社名、製品・サービス名は、各社の登録商標または商標です

(トランスコスモス株式会社について)
トランスコスモスは1966年の創業以来、優れた「人」と最新の「技術力」を融合し、より価値の高いサービスを提供することで、お客様企業の競争力強化に努めて参りました。現在では、お客様企業のビジネスプロセスをコスト最適化と売上拡大の両面から支援するサービスを、アジアを中心に世界32カ国・171の拠点で、オペレーショナル・エクセレンスを追求し、提供しています。また、世界規模でのEC市場の拡大にあわせ、お客様企業の優良な商品・サービスを世界49カ国の消費者にお届けするグローバルECワンストップサービスを提供しています。トランスコスモスは事業環境の変化に対応し、デジタル技術の活用でお客様企業の変革を支援する「Global Digital Transformation Partner」を目指しています。(URL: https://www.trans-cosmos.co.jp)

報道関係者お問い合わせ先
トランスコスモス株式会社 広報宣伝部 冨澤
Tel:03-4363-0123 Email:pressroom@trans-cosmos.co.jp


その他のプレスリリース

2018年9月13日
2018年9月12日
2018年9月11日
トランスコスモス、日本国内で初めて「Adobe Advertising Cloud DSP」に「Adobe Analytics」を連携した広告配信を実施 ITP対策としても有効な広告配信の最適化機能を強化( PDF
2018年9月10日
2018年9月7日
2018年9月5日
2018年9月4日
2018年9月3日
2018年9月3日
2018年8月31日
2018年8月29日
2018年8月28日
2018年8月27日
2018年8月24日
2018年8月23日
2018年8月21日
2018年8月20日
2018年8月10日


国内最大級の金融情報サービス、ヤフーファイナンス>に自社の企業情報を掲出しませんか? 月間ページビュー9.7億 月間ユーザー数1,000万

【ご注意】
この情報は投資判断の参考としての情報を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。
提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社および情報提供元は一切責任を負いかねます。

プライバシーポリシー - 利用規約 - メディアステートメント - 免責事項(必ずお読みください) - 特定商取引法の表示 - ヘルプ・お問い合わせ - ご意見・ご要望

Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.(禁転用)