Yahoo!ファイナンス
ログイン
IDでもっと便利に[ 新規取得 ]

(株)アウトソーシング【2427】

関連情報株価チャート時系列ニュースアナリストレポート株予報(外部サイト)株主優待みんなの株式(外部サイト)掲示板

株式情報

この企業から提供された情報を掲載しています。最終更新日:2015年3月25日

株主向けあいさつ

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

[当期連結業績概要]
 国内製造系事業では、メーカー直接雇用の期間社員(有期雇用)を当社グループの正社員(無期雇用)として受け入れる「PEOスキーム」(※1)による採用が順調に進捗し、一人当たりの採用コストの上昇を抑えながらの増員を実現いたしました。
 国内技術系事業では、当社グループの「KENスクール」による未経験者を教育して配属するキャリアチェンジスキーム(※2)が順調に進捗いたしました。また、進出に注力しておりますIT分野と建設分野においても、旺盛な顧客ニーズに応えて技術者の配属人数を増加させ、これらにより大幅に業容を拡大いたしました。
 さらに、メーカーの生産変動の影響を受けにくい事業領域を拡大するため、米軍基地施設向けやコンビニエンスストア向けに新たな人材サービス事業を立ち上げ、業績の平準化と事業拡大を可能にする体制整備に努めました。
 海外では、製造系アウトソーシング事業を中心に展開してきたアジア地域に加え、欧州、オセアニア、南米地域においてM&Aを積極的に実行し、技術系等の事業領域を強化いたしました。
 これらの結果、当期の連結売上高は80,860百万円(前期比36.1%増)、営業利益は3,125百万円(前期比55.5%増)、経常利益は3,224百万円(前期比46.8%増)、当期純利益は1,810百万円(前期比37.5%増)となりました。

(※1)PEOスキームとは、顧客メーカーによる直接雇用の期間契約社員を、契約満了時に当社グループが正社員として採用し、参画メーカーに派遣する新しい人材活用の仕組みです。既存の採用チャネルとは異なり、媒体等の採用コストがかからないため、当スキームによる採用が進むにつれ、採用単価の低減につながります。
(※2)キャリアチェンジスキームとは、当社グループのKENスクールによる研修を通じ、未経験や製造分野の人材をキャリアチェンジにより技術分野で活用するものです。現在、顧客企業とともに開発したカリキュラムをもって、機械・電機のR&D系や医薬系の顧客ニーズを反映した最新の技術研修を開始予定です。

[グローバル市場を見据えたグループ成長戦略]
 当社は創業以来、国内の製造系アウトソーシング事業を基盤に成長してまいりましたが、日本におけるものづくりはサプライチェーンの効率化やグローバル分業化等により、生産サイクルの変動が大きく、しかもそのサイクルは、年々短くなっております。
 これまで、製造系アウトソーシング事業は、短期生産サイクルの調整弁として機能してまいりましたが、人材不足の現在、メーカーの増産ニーズが高まると複数の派遣会社に同様の増員依頼が出され、既存の求人媒体に募集が集中する結果、採用コストが急騰するという非効率な市場構造になっております。
 さらに、世界に先駆けて少子高齢化が進む日本において、人員の純増が業容拡大につながる人材ビジネス市場は、中長期的に縮小することが見込まれます。
 このような事業環境の変化や中長期市場見通しに鑑み、当社グループではこの数年、国内外の双方の市場において、独自の成長戦略を構築し、新たな業種・事業領域に進出するとともに、中長期的に人口拡大が見込まれる海外市場での事業展開を加速してまいりました。成長戦略の推進を通じ、今後さらに事業ポートフォリオのグローバル化を加速したいと考えております。 

[中期経営計画の目標達成を]
 現行の中期経営計画「Vision 2017」では、製造系事業、技術系事業、海外事業を3本柱に、2017年度に連結売上高1,300億円の達成を目指しております。
その折り返しの年である来期は、グループ事業基盤を強化し、盤石なものとしていくため、一層のグローバル化を進めてまいります。新たなパラダイムに挑戦する当社グループを変わらずご支援くださいますよう、よろしくお願い申し上げます。

株式会社アウトソーシング
代表取締役会長兼社長 土井 春彦
市場名 上場/公開年月
東証1部 2013年3月12日
定時株主総会月:03月
発行済株式数 17,407,300株



【ご注意】
この情報は投資判断の参考としての情報を目的としたものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。
提供している情報の内容に関しては万全を期しておりますが、その内容を保証するものではありません。
万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社および情報提供元は一切責任を負いかねます。

プライバシーポリシー - 利用規約 - メディアステートメント - 免責事項(必ずお読みください) - 特定商取引法の表示 - ヘルプ・お問い合わせ - ご意見・ご要望

Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.(禁転用)